Girl with a Pearl Earring
「Girl with a Pearl Earring」を観ました☆「Lost in translation」以来Scarlett Johanssonの美貌(ともちろん女優としてのスキル高さ)に打ちのめされていたコトもあって(笑)、この映画は観よう②と思っていたのがやっと実現しました☆!
c0008153_2117982.jpg

率直な感想で言えば、非の打ち所のないような映画でした。非常に完成度が高いな~と。
画家Johaness VermeerはColin Firthによって演じられていましたが、彼とJohanssonとの愛称が良いな~と、ちなみにFirthは今や世界中でヒットした名作「Bridget Jones' Diary」でのBridgetの相方のキャラを演じてる役者とはまったく別人と思うほど違った世界観をかもし出しており、これからも活躍が楽しみな役者さんの一人です。

17世紀オランダの社会が鮮明に描かれており、画家とスポンサーとのシビアな関係を浮き彫りにしていく様は賞賛に値すると思います。
観る前は正直もっと色濃くマスターとメイドの不倫(?)をデフォルメしてるのかな~と思いましたが、そんなコトもなく、楽しめました。Vermeerの作品が好きであればこれは観て損はないと思います☆
[PR]
by hide_roc | 2005-04-03 21:17 | +個人的・主観・偏見
<< 色々なコト。。Robert V... オージー的発想。。① >>