脱線事故、その後
報道関係のページを見る度に事故時の具体的な状況やら電車会社の対応などがどんどん明らかになっている、そこで一つ思ったコトは、ボク達のように国外に身を置いている人にとってはネットやテレビ(?)などのマスコミ機関の報道が唯一の情報と言っても過言ではなく、以前に香田氏のイラク事件の時にも似たようなコメントをした覚えがあるけど、情報、それも正確に知ろうとしようと思えば思うほど正確な情報を知らされているのかが疑問でしょうがない。


前の香田氏のイラク事件の時はネットで調べようとするにも載せられていた情報量が半端な量ではなくなにより書く側に多面性が見られ大変微妙な状況であったのは間違いないと思う。


マスコミに求めるのは何よりも真実のみを伝えてもらうコトだと改めて実感した次第です。


電車会社に非が無いとは言えるわけがないし、もちろん誰か・何かへ責任を追及しなければ具体的な解決法には繋がらないかもしれないというのは重々承知。。しかし
「何々バッシング」、こうゆう書き方はいつまでたっても好きになれそうもない。
[PR]
by hide_roc | 2005-05-01 23:19 | +個人的・主観・偏見
<< もう秋のようです 尼崎線脱線事故 >>