焦り、コンセプトとは・・?
スタジオのチュートリアルで自分が実は結構思ってる程進んでないようなコトを言われて少々焦りを感じています。製作のコンセプトは頭の中では固まりつつあるんですが、いかんせん相手に伝えるのが難しい。。自分でもハッキリしてないので当たり前っちゃ当たり前なんですけどね。


少々気になるコトが今回の課題。プロジェクトのプロセス・コンセプトをより重要視させるつもりなのか分からないがあえてサイト環境・立地条件や背景など曖昧にされている様子。リサーチの段階をしっかりと踏まえるようにあえてオープンにしようという大学側のスタンスも理解できる点は少なからずあったりはする、が個々人によって課題に取り組むプロセスや順序ってモノが変わってくるってのも事実。言われなくてもデザインにおけるコンセプトの重要さは叩き込まれてきたつもり、自分のプロセスは誰よりも自分が良く知っている、自分は物事にベールを被されてるうちはコンセプトどころか設計すべきデザインのスケールすら把握できないでいるってコトを分かってはもらえないのだろうか?


デザインにおけるコンセプトは短絡的なアイデア勝負では決してないと思う、瞬時に閃くアイデアのようなモノが結果的にコンセプトの重要ポイントになるべく要素は多々ある、そこは否定しない、そこがデザインや何かをクリエイトする素晴らしさ・面白さでもあるからだ。ただ閃きは、イキナリ何処からともなく生まれるモノでもないと思う。物事の本質を調べていくうちに発生するアイデア、そこには膨大なイメージを膨らませ育てる過程がついてくると思う。
根本的なレベルで何を作るかを考えていくうちにコンセプトは固まっていくと思う、裏を返せばどのステージでも変わる可能性はあるはずです。何も具体性を持たないモノの本質を追求するという行為に満足がいくコンセプトが固まるかってコトに疑問を感じざるをえない状況です。


長くなりましたが、今はこの疑問に答えるべく奮闘しています。
[PR]
by hide_roc | 2005-08-02 19:57 | +個人的・主観・偏見
<< DCM講師 Fitzroyな週末 >>