やってしまった。。汗
コンセプチュアルなスキームを全体的なプロセスを通して評価されるべく中間プレゼンが今日行われた。
周りのプレゼンの数々を通して見る限りで中間なのでいかにも押さえているような課題が多い、コンセプトを固めるって点においては少々回り道をしていた方ではあったが実際プレゼンしたところけっこう自分的にも言いたかった部分が思っていたよりスラスラ出てきていた感があって案外型にはまってたプレゼンができたかと、普通に良い方向に向かっているなー思った、が。。途中参加で入ってきたD教授にイキナリ、「レイアウトがあまり明確でなく見せるべきモノがハッキリと見えてない、コンセプトも弱いように思える、イマイチ。」との事。プレゼン前半にプレセデントリサーチの資料も押さえつつコンセプトの話をしていたのを聞いていなかったので後半を聞くだけでは弱く聞こえるのは当たり前だ。しかも今回一番重要視させるべく集めたエルネストデボゥードの状況主義観念と今回の課題の肝心のオーバーレイを見ていない(!)、流石にそこまでストレートに言われてカチンと来ないはずがない。遅れて来たので肝心のコンセプトについてのナレーションを聞かずにコンセプトが弱いように思うのは自然な事で改めて説明をさせてもらうとの旨伝えたところ、「言わなくても一目見てコンセプトがハッキリ分かるようなパネルを用意すべき、やはりレイアウトが不明確」との言い分。。そんなに多量の情報を載せるコト自体ナンセンス、A1パネルのみとの指定枠を超えるリスクを侵してまでそれ以上の情報を載せる意味が自分には理解できないと主張、(第一中間プレゼンの為に何枚ものA0パネルを提供できる金銭的余裕は無い)


まぁ、結果的には、ただの中間プレゼンのはずが、けっこう見てる方がハラハラする程ガチで口論してしまったって訳です。雰囲気もかなり悪くなったのが目に見えて、改めて思い返すと「・・しまった!」と。そういう訳です。。笑


後になって考えてみてもやはり明らかに立場が違いすぎる。。理屈じゃないので何も言い返さなかった方が評価的には良かったのは間違いない。


やってしまった。。でも、まぁ、これも理屈じゃないね。
ちなみに↓の画像は今日のプレゼンの6枚パネルのうちの一枚。
[PR]
by hide_roc | 2005-08-09 19:51 | +建築・インテリア関係
<< 久方ぶりの更新。。凹み 小エントリー >>