テロに対して、、、一言
少し前の話やけど、オーストラリアでワーホリをやっとって今はもう日本の友人とこの間メール越しやねんけど「テロ」の話をした、、人それぞれ違う意見あると思うし、日本人であるボクらとは関係がない話かもしれんけど、考えてみたりしても損はないと思います。。。

メール討論から引用

オイル戦争やらイラク紛争は間違いなく密接な関係にあると思います、しかしやっぱりアル・カイダ組織とイラク国家との関係は普通の価値基準では違う位置にあると思ってしまうんで、、確かにアメリカとイラクのイラク紛争及びオイル戦争は防衛戦争との見方もありやと思います。。。しかし宗教組織であるアル・カイダのイスラム主義のテロ行為は、、、まったく見方が違ってくると思うのがボク自信の意見です。。。節度ある行為とは思えないんでこれほどまでに嫌悪感を抱いてしまうんでしょうね。。。

それにしてもニュースとかで日本程やってない分インターネットとかで調べるから逆にこっちの子らの方が議論してる感があるんじゃないでしょうかね?皆その話で白熱しとるもん。この間もカフェでお茶しながらこの話題についてごっつ意見しとったら、、、隣に日本人らしき三人グループが同じ話で熱くなってたのを盗み聞きしちゃいました(笑)。。。ワーホリの子らやったと思います、やっぱ同じワーホリやったら普通より近~感じるじゃないんかな?

---
でも、ホントに宗教と戦争、、関係は見れば見るほど浮かび上がってきますね。そうですね、
その中での国と文化の理解力が問われるって意味ではアメリカの対応にも不快感は感じ
ます。。しかしアル・カイダ組織の宗教戦争と言う中でも理解力の点においてはかなりの非
はあるんではないでしょうか?昔のキリスト教徒の十字軍の行ってきた宗教戦争、つまり
信じるモノが違う民族・個人には真っ向から否定という、、信ずるコトの自由、、文化の
違いへの理解力ってのはどっちも言い分があると思います。
戦争は外交の延長って意味でも、、イラク紛争とアル・カイダのテロ行為、ボクはかなりの
疑問を持ってしまいます。。。
確かに軍事産業などを踏まえたうえで戦争について話そうってなると極端に戦争反対のみではないと思います、けど「オレってちいせーなー」ってのは、、、違うと思います平凡な人間の弱さってのはそんなもんやと思います、皆そこから出発するんです。。今は組織の中で己れの無力さに身を縮めてるしかなくても、少しずつ「個」を持ってるってコトだけでいいと思います。風潮が容認する正義に流されず自分の頭で考えて行動する「個」をもってる人が「違い」をつくると思います。受け売りですけど、こんなところでどうですか?

ぶっちゃけもっすご個人的で自分勝手な言い分かもしれないけど。
興味があったら、コメントでも下さい。

[PR]
by hide_roc | 2004-12-09 15:22 | +個人的・主観・偏見
<< pokies=>豪州スロット(?) NGV見学 >>