☆多国籍カップル・恋愛☆
この間良き友人とビールを飲みつつ話してた話題で少々興味深かった話なので意見をアップしようと思います。
こっちで生活してくうえで良く聞く話なんですが、いわゆる国際恋愛について。語ったんですが、そこはメルボルン、多国籍な国。やはり自分の周りにも国の別なカップルなども多いんです。それに日本の友達から良く聞かれるのが「外人の彼女できた?」など②。。。
多国籍カップル・恋愛について話をするにあたって、良く勘違いをしてる人からの反発にたびたび遭遇してしまうんですが、差別的な意はまったく介入していないので、事前に書いておきます。合わせて、多国籍恋愛に否定的では「まったく」ないので。(もし気分を悪くされるようでしたら、すみません。)

個人的には多国籍恋愛はとても難しいような気がします、ボクの身近に多少いるのであまり深くは書きたくはないと思いますが。やはり国籍が違う恋愛で、良く話題にあがるのが「言葉」の問題やと思いますが。個人的には「言葉」などはあまりポイントではないように思えます、なにもコミュニケーションを図る手段が母国語に限らなければいけないとはかぎりません。ただ、先天的な要素「文化」ですが。これは「言葉」のように超えようと思えて超えられるほどシンプルではないと思います。文化・カルチャーは家代々伝わるモノであって、人種に何百年根付いてるモノであるという事。
極めて言えば、先天的な要素を受け入れるのは「同情」であって、「共感」ではないとそう思うからなんですが。極端に言えば、文化が違うという観念を受け入れることは本当に難しいと思います。
「愛があれば」などと良く聞きますが、どうでしょう。。。ボクは「いやいや」と思ってしまいます。
他の国の文化を知ることは素晴らしいし、共に楽しめますが。恋愛ともなれば「同情」で通ると考えたらキツイですね。
久しぶりに個人的主観・偏見トークでした。。☆☆☆
[PR]
by hide_roc | 2005-02-23 19:07 | +個人的・主観・偏見
<< Melbourne Centr... 夏休み☆ >>