カテゴリ:+音楽( 5 )
Def Tech
「Def TechのiTMS限定トラック」エヌさんにTB。
「Cancio´n de la expansio´n」と言う今噂のiTMS限定のトラック、以下引用↓
Def Tech からのメッセージ:
毎年、1,100万人のこども達が5歳の誕生日を迎える前に命を落としている事実。
この1曲が、3種類のワクチンとして1人のこどもを救います。「観念」ではなく「実践」で、みんなの思いが広がっていくことを願って。
あなたの力を貸してください。

限定トラック "Cancio´n de la expansio´n " の収益の全てを
Def Techはユニセフを通じて子供たちに寄付します。

最近はナイキのアームストロングバンドやホワイトバンドなどチャリティー企画が表に出てだいぶ騒がれているようですが(自分もアームストロングバンドは購入済み!)、今噂になっているiTMSに乗っかっての音楽を通じてのチャリティー企画☆正直「やるな~」と。流行に乗っかってこういった企画ができるとなると(iTMSのトップの前面を飾っている!)だいぶアーティスト及びレーベルの認知度も上がりイメージアップにも繋がりますしね。音楽を通じてこのような意義のあるアウトプットにここまで直接的に関われるメソドロジーも少ないんじゃないですか?なにしろ「収益の全てを」ですからね(!)。Def Techは友人に紹介され少し前に何曲か頂いたので聴いていたんですが、なかなか面白い。聴き易いってのがウリでしょうか、キャッチーなライン満載で結構イイ感じです☆レゲエっぽくキックとLoopJunktionとケツメを足して割るって感じかな?好きな人はハマリそうな、そんな感じです☆
[PR]
by hide_roc | 2005-08-31 05:42 | +音楽
ミュージックバトン☆
Musical Baton/ミュージックバトン
色んなブログで流行ってるんだなーと思っていた矢先、とうとうボクの方にも渡されたようで、archfusionさんからのバトンです。


質問は下の通り↓
Q1. Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
最近大幅にクリーンアップしたので、、、今は3.2GBぐらいですかね。


Q2. Song playing right now (今聞いている曲)
MondoGrosso feat. Amel Larrieux 「Now you know better」がちょうど終わったとこ。


Q3. The last CD I bought (最後に買った CD)
最後に買ったCDは、、、たしか「Stevie Wonder tributeカバーアルバム」か「Return of the Bluenote」 DJ Madlibでした。


Q4. Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)
これは、「かなり」難しいですね☆単純に「好きなトラック」とかでイイんですかね?
●「I want you」 Marvin Gaye
初めてジャケ買いして大成功した一枚。。笑
今現在人に貸していて返してもらえるのかが尤も疑わしい一枚でもある。。笑


●「September」 Earth, Wind and Fire
かかった瞬間に気分が良くなる曲。いつどこで聴いてもイイ☆


●Stievie Wonderの曲全部。
これはもうボクのコレクションでは必須です。


●「Save the Children」 Marvin Gaye
「セイブ・ザ・チルドレン」 K-Dub Shine
上は言わずとも知れたMarvin Gayeの名曲、ベトナム戦争への反戦感情をあらわに表現している一時期放送禁止にもなったと言われている曲。下は日本語ラッパーが同タイトルで発表している今の日本のタイムリーなトピック、ドメスティックバイオレンス・家庭内暴力・などについて表現しているトラック。同曲ともストレートな感情表現で音楽を通じてできるコトがあると言うコトを知らしてくれた。


●「笑えれば」 ウルフルズ
ずぅ~~~っと片思いしていた子に見事こっぴどく振られた帰り道の電気屋さんで流れていて、聞き入ってしまった名曲。自分の気持ちと歌詞とあり得ないくらいシンクした。今でも聴くとタイムスリップして泣きそうになる。。笑


Q5. Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)
exciteユーザーじゃなくても大丈夫なのでしょうか??
とりあえずは下の5人で↓このブログに良くコメントを残してくださる方達です☆ご迷惑であればスルーしてもらって結構です☆ではではヨロシク!


○達麿ヘイチさん ‐マーブル・メルネット
○pandemicさん ‐PANDEMONIUM/大混乱!?の現場から
○kyutonaさん ‐travel☆journal
○sumiさん ‐旅の記憶 - travelogue -
○takeshiさん ‐東京ビールハンター
[PR]
by hide_roc | 2005-06-20 17:23 | +音楽
MUSIC①
ボクにとって音楽とは常に側にあるものであり逆に言えば無くてはならないモノという感じかな。一人歩き、少しの休息、常にヘッドホンは必需品。


あまりブログ上ではこういった話題は話していなかったのでちょいと書こうと思う。
どんなジャンルをいつも聴いてるの?という質問においては困る時がある、というのも時期(日?)によって聴きまくるジャンルが常に違っているから。おそらく一番底辺で根付いているジャンルは西海岸ファンク色の強いヒップホップ・ソウルだと自分では分析してはいますが。。きわめて曖昧な分析であることは間違いない。。笑


とにかく濃い音が好きなのでしょう、ファンクとソウルは間違いなくヘビーローテーションかな。
和モノも洋モノと同じくらい聴いていると思うし、クオリティに関して言えばトラックの水準も変わらないと思う。


ボクのブログをごらんになっている方達はどんな音を聴いているんでしょう??良かったらコメント・TB残していってください☆
-------
余談ですが、最近m-floのCome back to meを聴いて別れた彼女を思い出しました。。笑
[PR]
by hide_roc | 2005-05-07 08:49 | +音楽
ipod shuffle用USB充電器
在庫注文していたipod shuffle用のUSB充電器がやっと先日届きました。。shuffle本体は注文して2・3日で届いたのに、なんで充電器で一ヶ月近くかかったのかが謎です。。笑
c0008153_1102740.jpg

とはいえ、ノートPCに挿しっぱにしておくのが億劫なため充電器の購入に踏み切ったのでこれから充電するのがだいぶ楽になりそうです。コンセントに挿しっぱにしとけばPCのUSBポートが塞がらないのでPCでの作業がスムースに進みそうな予感(今までは色々とデータの転送やらメディアに保存などしつつshuffleが一つ刺さっているだけで4つのUSBポートをフルで使用できてなかったので。。)
それよりも、画像を見ても分かる通り。。ケースの写真とちょっと違い過ぎじゃね??笑
ケースのイメージでは充電器はコンセントの差込口が日本の「=」の形で全体的に丸みを帯びた四角形ですが、豪州はコンセントの差込口の形が若干違うので差込口の部分だけが付け替えられているっぽいですね。。それにしても、フォルムは同じでも良かったんじゃない??笑
変に丸っこくて。。センスが良いデザインが売りのipod周辺機器のデザインにしてはちょっとバランス悪いかな、、て思っているのはボクだけでしょうか???笑
[PR]
by hide_roc | 2005-04-27 01:18 | +音楽
☆i shuffle☆
モノを売るのではなく新しい価値を売る
トラックバックさせてもらいました。「i shuffle」、登場した時から唸らされてしまいましたよ。。笑☆最近これが欲しくて②。。。笑
c0008153_18112311.jpg

USBディスクは一応128MBのモノを持っていて、mp3オーディオプレイヤーも20GBのを持ってはいるんですけど。。。どーもこうも、アップル社おそるべしです。
にぶろぐさんで書いている通り、「容量の少なさを逆手にとったコンセプト」シャッフル機能に驚かされました。今回 i shuffleでは液晶が排除されたのですが、それをマイナスと取らずに逆にプラス要素でプロモーションしてしまうという。。。やられまくりです☆笑

これらも引用なのですが。
Pod shuffleは、お気に入りの曲を毎回ちがった順番で再生して、「お決まりのパターン」を完全に排除してくれます。
   :
次に再生される曲が予想できないというだけでも「同じことの繰り返し」から、ほんの少し解放されるはず。iPod shuffleをつけて走れば、いつものジョギングコースの景色も違って見えるでしょう。次にかかる曲がわからないことで、見慣れた交通渋滞も少し新鮮に感じるはず。


実際頷いてしまうことばっかりなんですよね、確かにオーディオプレイヤーをランダム再生に設定することで曲がかかるたびに「お!」と新鮮な気分になることもたびたび。これじゃ、アップル社の思うつぼなんですけど。。。笑

たぶん来週辺り、危ないですね。。衝動買いする気満々なので。。。笑
[PR]
by hide_roc | 2005-03-02 18:07 | +音楽