<   2005年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
☆GRAMPIANS日帰りROAD TRIP☆レポート
夏休み最後の日。天気予報も久しぶりの「晴れ◎」、とりあえず絶対に無駄な一日にはしたくないと思ってたところ、急遽決定したGrampians国立公園の「Balconies」を見に行く旅☆!このBalconiesとは、以前にもブログで書いた通り、宮崎駿氏の「もののけ姫」の舞台(シシガミのモデル(?)にもなってるらしいが。。。)と言われてる場所。メルボルン市内から車で、約3時間半~4時間ぐらいに位置する、ヴィクトリア州では一番自然が原始のまんま残されていると言われている。
(以前アップした記事の旅では。。。暗くて実はあんまりハッキリと判別できなかった為、再度挑戦することに!今回は朝から出発することに!!)

久しぶりの「真夏」の太陽がサンサンと照り続ける中、行ってきました☆
c0008153_1713314.jpg

さすが別名「ドラゴン・ヘッド」と呼ばれるだけあって。。むっちゃカッコ良い感じです、龍ですよ。
Balconies、名前の通りバルコニーから「大きな」庭を眺めるポイントが本当に、本当に素晴らしかった。。。
「雄大」な景色を前にすると、小さなコトなんか本当にどうでもよくなります(笑)!!
c0008153_17134640.jpg

心が洗われるってのはこうゆう事を言うんやなと、正直思いましたね。

バルコニーの先っちょは危険につき行ってはダメなんですが。。。すみません、行ってしまいました(笑)。。。実際笑えない高さなんですが、先っちょに座るのがメルボルンに来てからの夢やったんで。。。実現させてもらえました(笑)☆☆☆!!!
先っちょに陣取ってる写真はまた明日か明後日にもアップさせてもらいます。

乞うご期待☆!
[PR]
by hide_roc | 2005-02-28 17:25 | +小旅行記
Melbourne Central Station
とうとう夏休みも今日で終わり。明日から怒涛の日々が始まろうとしてる最後の日に、行ってきましたGrampians国立公園。。。笑
日本から女友達が遊びに来てて、帰国間近の友人も合わせてレンタカーで行ってまいりました。今回はピンポイントで見たかったThe Balconiesと言うポイントのみを攻めに行った訳で、もちろん日帰りです。今日レポしたいんですが、いいかげん寝やんと明日の早朝3時間半の講義に起きれなくなるので。。。明日のアップになると思います☆

そのかわりと言ってはなんですが、Melbourne Central Station~メルボルン中央市駅のちょうどど真ん中のデパート「大丸」がかつてあった内装の写真を先日撮ったんで、アップします。
c0008153_2313573.jpg

アーケードの真ん中のオープンエリアがコーン状の吹き抜けになっているのは以前とは変わらないらしいのですが、内装はだいぶ変わったと思います。なにぶん「大丸」時代を良く知らないので、いまいちどういった改築が行われたかの概要は把握しきれてないのですが。以前を知っていらっしゃる方が見たら。どう思うのでしょうか。。。??
c0008153_23145198.jpg

上の写真は大きな時計がインテリアのライティングに良くライトアップされており。最近の写真の中ではけっこうお気に入りの一枚です☆
[PR]
by hide_roc | 2005-02-27 23:18 | +メルボルン小ネタ集
☆多国籍カップル・恋愛☆
この間良き友人とビールを飲みつつ話してた話題で少々興味深かった話なので意見をアップしようと思います。
こっちで生活してくうえで良く聞く話なんですが、いわゆる国際恋愛について。語ったんですが、そこはメルボルン、多国籍な国。やはり自分の周りにも国の別なカップルなども多いんです。それに日本の友達から良く聞かれるのが「外人の彼女できた?」など②。。。
多国籍カップル・恋愛について話をするにあたって、良く勘違いをしてる人からの反発にたびたび遭遇してしまうんですが、差別的な意はまったく介入していないので、事前に書いておきます。合わせて、多国籍恋愛に否定的では「まったく」ないので。(もし気分を悪くされるようでしたら、すみません。)

個人的には多国籍恋愛はとても難しいような気がします、ボクの身近に多少いるのであまり深くは書きたくはないと思いますが。やはり国籍が違う恋愛で、良く話題にあがるのが「言葉」の問題やと思いますが。個人的には「言葉」などはあまりポイントではないように思えます、なにもコミュニケーションを図る手段が母国語に限らなければいけないとはかぎりません。ただ、先天的な要素「文化」ですが。これは「言葉」のように超えようと思えて超えられるほどシンプルではないと思います。文化・カルチャーは家代々伝わるモノであって、人種に何百年根付いてるモノであるという事。
極めて言えば、先天的な要素を受け入れるのは「同情」であって、「共感」ではないとそう思うからなんですが。極端に言えば、文化が違うという観念を受け入れることは本当に難しいと思います。
「愛があれば」などと良く聞きますが、どうでしょう。。。ボクは「いやいや」と思ってしまいます。
他の国の文化を知ることは素晴らしいし、共に楽しめますが。恋愛ともなれば「同情」で通ると考えたらキツイですね。
久しぶりに個人的主観・偏見トークでした。。☆☆☆
[PR]
by hide_roc | 2005-02-23 19:07 | +個人的・主観・偏見
夏休み☆
長かった大学の夏休み・ホリデーも後4日を残すところとなりましたが。。2004年の11月下旬からの長すぎた休み、一応満喫したと思うんで。これからはまた鬼のようなプロジェクトに追われる日々が再開します。
実習期間が長かったような気もしますが、ホリデー中にGreat Ocean Road, Grampians国立公園, Phillip Islandに行けたりして☆もっすご充実してました。もちろん、数え切れないほどのBBQに行かせてもらいました。。。相当な数の「飲み会」などにも・・・笑
c0008153_20521093.jpg

メルボルンは一日に「四季」が味わえる州として、有名ですが。。。今年の夏は、例年の夏と比較してもやはり異常気象の一言に尽きます。最近はどこでもこんな感じらしいですが、大丈夫でしょうか。。。?
近いうちにまた仲のいい友人が日本に帰国するコトが決まっているんですが。一緒に遊ぶコトが多い友人だけに寂しくなりそうです、彼の帰国にあたってイベントを企画しているんですが、色んな人達が関わるイベントだけに凄いイベントになりそうです。成功しても、お別れイベントなだけにテンション下がりますね~。。。笑
[PR]
by hide_roc | 2005-02-22 21:09 | +個人的・主観・偏見
Spencer street STATION
更新遅れました。。。☆

メルボルンで今現在一番注目されている建築関連のネタと言えば、Spencer street Station・スペンサー駅の大幅な改築・リニューアルですか。ボクは以前のスペンサー駅が健在やった頃にメルボルンに着いたんで、前の駅の見た目も知っていて変わりゆくフェイズを見れてとてもラッキーなんですが。。最初に言っておきますが、、だいぶ変わります!
建築家は、オーストラリアのDaryl Jacksonともう一つ名の売れている建築事務所と混合プロジェクトなんですが(やと思います。。間違っていたら、訂正してください。。)、コンセプトは「ウェイブ」であり、時代・時の「波」という、何とも分かりやすいデザインになっており。。。カーブ・曲線を主体としたルーフのデザインは多少賛否両論ですが、ボク的には「アリ」やと思います。どっちかと言うと、スペンサー駅はCountryラインが多くて、空港までのバスやホテルサービスなどがあるにもかかわらず、、、馴染みにくいとてもベーシックなデザインやっただけに、このリニューアルはメルボルンにもVictoria州にとっても価値のあるプロジェクトやと思います。下の画像はついこの間通りかかった際に撮った写真なんですが、若干ブレているます、けど多少は分かると思います。
c0008153_0431573.jpg

以前のスペンサー駅の写真と比較するつもりで探したんですが。。こんな写真しか見つかりませんでした、ちなみに下の部分がスペンサー駅です。
c0008153_044374.jpg

この記事はまたリニューアルが完成した際に再度アップさせてもらいますんで。乞うご期待です☆☆☆
[PR]
by hide_roc | 2005-02-22 00:48 | +メルボルン小ネタ集
☆State Library~州立図書館☆
以前GPO~中央郵便局の記事をアップした時にちらっと書いたんですが、State Library~州立図書館。ここはメルボルンのCityで最もMelbourniansに愛され続けてる建造物と言っても過言ではないと思う。図書館として様々な人に愛用されつつも、待ち合わせや休息・ランチなどの時間に利用されたりなど、MelbourneのCityアイコンになっています。
(ボクも課題や論文の資料集め・及び執筆作業はここでやるコトが多い。。。笑!)
c0008153_1148639.jpg

ボクのメルボルン生活はここなくしては語れないと言うコトをまず最初に述べておいたほうがいいと思います。課題・論文で詰まる時は絶対にここで資料を調べ漁るコトもたびたび。。
外観も内装もメルボルンのCityアイコンにふさわしく、威厳を放つ美しさを持っていると思います。ここはメルボルンにお立ち寄りの際、必ず行くべき場所の一つやと思います☆☆☆
c0008153_11491522.jpg
[PR]
by hide_roc | 2005-02-19 12:05 | +オーストラリア系
Greek BBQ☆
今週の日曜日は良き友人の21歳の誕生日パーティーで彼の自宅へ招待された。正に生粋のGREEK(ギリシャ人)の家系だけに思い描いてた「普通」のBBQパーティーとは思いのほかかけ離れていたのは言うまでもない。
今やオーストラリアの代表的な食の一つ「Souvlaki」とはギリシャのケバブ、豪州ならばどこにでもある食べ物でラム(牛や鶏肉などもあるが、基本的にはラム肉が使われるコトが多い)がいわゆる「SPITROAST」と言われる特殊な技法で焼かれているのを店などで見かけるコトも少なくないと思うが。。まさか自宅パーティーでこんな見事な「SPITROAST」が見れるとは!(自動でモーターで回るんですよ!笑、しかも炭で!)
c0008153_1128453.jpg

そこで、生粋の日本人であるボクは見慣れないBBQに興奮して食いまくったのは言うまでもない。。笑
それにしてもヨーロッパ系やアジア系移民の多い豪州ならではのパーティーやと思いました。そこで一つ思ったのは、少し前もフィリピン人の友人宅での誕生パーティーにも行って思ったコトとかぶるんですが、、規模が半端なく、人数も多くて、まぁバカ騒ぎっちゅー話なんですが、、このパーティーも以前のフィリピン人のパーティーもとりあえず親戚一同揃ってるんですわ。若いもんが大勢集まって「一気」コールやらしてる横で親戚一同も食べる飲むの大騒ぎで、、なんか日本には絶対に無い空気やなと思って、、、感動したんですよね。日本でこんなに親戚一同集まるシチュエーションなんか葬式・結婚式ぐらいですよ、、甥っ子の誕生日の為に仕事を早めに切り上げて飛行機で3~4時間かけて来ませんよ「日本」では。。。笑

ある種それがあたりまえの伝統なんですが、日本にはあまりない伝統・習慣だけに少し羨ましく思えましたね。
[PR]
by hide_roc | 2005-02-16 11:49 | +食べ物・食事関係
GPO~中央郵便局
kyutonaさんのGPOレポからトラバさせてもらいました☆
GPO:郵便局が大変身!!
CITYの中心部に位置するGPO~中央郵便局、これはまたFederation Square、QVショッピングコンプレックス、に続くここ最近で一番CITYでの変わった風景の一つです。外観は以前にもあったGPO跡を修復したものでメルボルンでは多く見られるSandstoneを使った大幅な修復作業の後キレイになりましたが、下階Facadeから内装への修復が一番印象に残ると思います。特にBourke streetからElizabeth streetの角のColonnade~アーケードの変貌ぶりには目を見張るモノがあります!
kyutonaさんに先にアップされてしまいまして(笑)恥ずかしながら今更トラバしてる次第でございます。
c0008153_12311129.jpg

中にはカフェ・ギャラリー・ショップ多数など、以前の無駄なスペースを生かすという面ではだいぶましかと思われます。。なにより以前のあまり芸の無いパネルを無くしてもらってBourke street Mallがまた一段とキレイになったような印象が見受けられます。
c0008153_12315739.jpg

[PR]
by hide_roc | 2005-02-15 12:39 | +オーストラリア系
Saint VALENTINE'S DAY☆☆☆
今日は聖Valentine司祭が想いを寄せる相手に花や手紙を贈る習慣を広めていった俗に言う「バレンタインデー」ですが。。。結果的には巷でめちゃくちゃ「バレンタインフィーバー」やったのにもかかわらず、あんまり意味のない一日でした。。。笑

更新が遅れ気味って毎回言ってるようになってます、、、とりあえずまたまた週末が忙しかったんですよ。なんで暇な時期は思いっきり暇で何かある時は全て重なるようになってるんですかね。。。笑
まぁ、とりあえず、行ってきました!St.Kilda FESTIVAL 2005☆☆☆☆!!!!!!

毎年一回開催されるこのフェスティバル、祭りですね。St.Kildaのエリアが殆ど歩行者天国になって車道が閉鎖されてどんちゃん騒ぎと言うまことに近所迷惑な祭りではありますが、さすがSt.Kildaだけあって賑やかでおしゃれです!異質な空気を持っているエリアだからこそ、オーストラリアではない違う国にいるような錯覚を時々おこします。
c0008153_03473.jpg

パーティが重なって、惜しくも半日程しかいれなかったんですが、来年こそは一日中歩き回って満喫したいと思います。写真だけではあんまり伝わらないかもしれませんけど、とにかく賑やかでした!
[PR]
by hide_roc | 2005-02-15 01:07 | +オーストラリア系
JAPANESEマンガ①
ブログの趣旨とは少し違ったりするんですが。。昨日アップした記事で「クローズ」というマンガを書き入れた訳ですが、「クローズ」とはなんぞや?と知り合いの子に言われて。。。ただ「クローズ」と書いても一般の人には分からないんではないかなと思って、一応説明させてもらおうと。

基本的にはマンガ本は好きな方ですが、高校後半・卒業につれてマンガというものに接する機会がすれて、とうとう大学生活という圧倒的な支配に追われてマンガをいつしか読まなくなってしまったりするんですが。。中学高校時代は良く友達の家だとか、マン喫やらでよく読んでたもんです。日本のマンガは「文化」と自信を持って呼べる程ハイクラスであり深いと思う、以前ブログ巡りをしてて読ませてもらった某ブログ運営者のおっしゃってる通り、間違いなく世界トップレベルやと思います。(ジブリアニメや「AKIRA」の世界的大ヒットが証明づけてる通り。。特に「AKIRA」などのヒットは。。誠に圧巻です。メルボルンのJB HiFiのdvdエリアも日本のアニメエリアが音楽ビデオエリアより大きかったりして。。。笑☆)

基本的にはボクはいわゆる「ヤンキー」マンガが大好きである、「今日からオレは」「湘南純愛組」「BE-BOP」「特攻の拓」「カメレオン」「フジケン」などなど今思い返すだけでたくさん名前が出てくるのが不思議です。。。笑
その中で高橋ヒロシ著者の「クローズ」は。。。ホンマにヤンキーマンガのバイブル・王道と言っても過言ではない程の完成度やと思います。こんなのボクが言うコトでもないと思いますが、読んでない人は絶対読むべきです、、むしろオトコやったら「これを読んどかなあかんやろ!」的な。。。笑
なんでそんな面白いのかと言われると、正直読んでみたら分かると思いますが。とりあえず魅力に溢れまくってるんですわ。。。オトコ達の強さ・弱さ含めたカッコ良さ、キャラ立ちの濃さ、セリフのカッコ良さ。。どれを取っても。。。カッコええ!!となるわけなんですが。。。笑
むちゃオススメの一作なんで、読んでない方。。。読んでみるべきですよ!
[PR]
by hide_roc | 2005-02-10 21:09